mesetaのブログ

ウォーキングとフラメンコ

袋田の滝に行ってきました

2018.11.14(水)  晴


水郡線袋田駅まで片道約5時間かけて、袋田の滝に行ってきました。


12:42  水郡線袋田駅からバスで約10分滝本に着きました


12:59  バス停前のここでけんちんうどんを食べました


13:02  観瀑台まで700m:平日ですが、かなりの人出です


13:08  脇を流れる川に鷺がいました


13:10  渋滞し始めました


この先に入場券売り場があります、300円を払ってトンネルに入ります


13:13  トンネルの中の飾りつけ


13:15  恋人の聖地モニュメント:大子町(だいごまち)の鳥おしどりをモチーフにしているそうです


13:20  トンネル内のエレベーターを待つ列:約15分待ちでした


13:25  第一観瀑台出口:光と影の関係で、一瞬帽子をかぶったおばさんが腰をかがめて何かを取ろうとしているように見えます


13:26  待つ列から少しだけ滝が見えます


13:27  左に曲るとエレベーターのりばです


13:32  いよいよ次のエレベーターに乗ります


13:36  袋田の滝:第二観瀑台の3階から見た全景です、高さ120m・幅73m

思ったより水量が少なかったです

日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」。高さ120m・幅73mの大きさを誇ります。滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣味わえない」と絶賛したことからとも伝えられています。袋田の滝・生瀬滝は、平成27年3月10日に国の名勝に指定され、さらに、袋田の滝は平成27年10月には、恋人の聖地に選定(NPO法人地域活性化支援センター)されました。


13:37  一段目


13:37  二段目


13:37  三段目、四段目は見えません


13:39  紅葉はもう終りかけていました


14:42  第二観瀑台の2階から


13:43  滝に向って左側の景色


12:46  第二観瀑台は3階建てになっています

エレベーターを降りて第一観瀑台に行きました


13:49  目の前に3段目が迫っています


13:54  斜めから見ると4段目が見えます


13:54  下の方に滝つぼが見えます


13:56  すぐ先につり橋があります:すごく揺れるので、途中から引き返す人もいました


13:56  つり橋から第一観瀑台と滝を望む


13:57  つり橋から見た滝の反対側


13:57  つり橋を渡り終えたところ:袋田の滝の上流にある生瀬滝へ行く階段


13:58  つり橋と第一観瀑台

生瀬滝へ向います、400段の階段です


14:03  鉄の階段の先は鎖場のある石段になっています、狭くてすれ違えないところがあります


14:05  途中ところどころで袋田の滝が見えます


14:05  袋田の滝解説板


14:08  袋田の滝の上に出てきました


14:10  生瀬滝(なませだき)展望台に着きました:これ以上先へ進めません、かなり遠景です、落差約15m、最大幅約27m


袋田の滝の上流に架かる生瀬滝は、袋田の滝を仰ぎ見る吊り橋を渡り、月居山ハイキングコースを登る(約20分)とその姿を現します。小鳥の囀りが聞こえる木々の垣間から、深山の峡に白布を干す生瀬滝のすばらしさに、きっと驚きの声が上がることでしょう。  さらにハイキングコースを歩けば、山頂近くには月居観音堂があり、静けさの中で奥久慈の山々を一望できます。


望遠で見た生瀬滝です


14:11  下りる途中で見た袋田の滝

14:14   丁度第一段の位置です


14:14  左下に第二観瀑台が見えます


14:18  鉄階段まで下りてきました


14:18  第一観瀑台です


14:29  バス停に向かう途中、入場券売り場が見えました、相変わらず長い行列です


14:48  バス停前にある大子町観光案内図


15:21  15:10発のバスに乗り袋田駅に着きました、満員でした


15:27  袋田駅前の袋田・月居山 ハイキングコース 案内図


15:27  袋田駅


15:29  袋田駅は有人駅ですがICカードが使えず、左下の処理連絡票をもらい水戸駅で精算しました


15:32  駅のホームの反対側にある「ミニ袋田の滝」、水が流れています


15:59  時刻表通りに水郡線が入ってきました


16:06  水郡線の沿線ガイド:カラフルでユニークな路線図です


感想
往復10時間かかりました。紅葉を期待して行ったのですが、残念ながら見頃を過ぎていました。袋田の滝はもっとボリュームたっぷりの水量があると思ったのですが、それほどではありませんでした。でも、雄大さはしっかり伝わってきます。
もっと秘境をイメージしていたのに全く観光地化していて、少しがっかりしてしまいました。


以上です。

関東ふれあいの道 神奈川県コース8 鷹取山・里のみち

ブログを始める前に行ったところの振り返りです。


平成28年1月28日(木)晴 10:00 ~13:02
距離:8.9km/難易度:2/標準時間:2時間45分→実際時間:3時間02分/撮影ポイント:鷹取山・鷹取神社社殿
ルート:(NO7城山公園前バス停より9:50-神奈中磯14二宮北口行-9:54)月京バス停国府支所~鷹取山~妙円寺~土屋一族の墓~土屋城址~大乗院~南平橋バス停→NO9へ


神奈川県コース8 鷹取山・里のみち

田圃や畑の中を歩き、鷹取山を越えて、鎌倉時代の豪族土屋氏にちなむ遺構や名刹など、里の歴史と文化をたどるコースです。


コース7のゴールからバスに乗って、コース8の起点にやってきました。


9:58  月京バス停


10:00  大磯町国府支所:コース案内板が随分上の方にあります:鷹取山まで3.1km、


コース8スタートしました。


10:15  鷹取山まで2.0km


馬場公園、諏訪の下橋を通ってきました。不動川沿いに指導標識があり直進しましたが、その先左へ曲がる所が分からず行き過ぎてしまいました。新幹線のガードを越えて少し戻り、厳島神社(東の池)に出ました。
問題はその先です。いつのまにかレイクウッドゴルフ場の真ん中を歩いていました。
地図を頼りにかなり遠回りして鷹取神社へ向わなくてはなりませんでした。
相当あせって道を探し続けたので、この間約1時間の写真が一枚もありません。


11:15  湘南平・霧降り渓流のみち案内板:鷹取山まで0.5km


湘南平から、松岩寺霧降りの滝を経て鷹取山にぬけるコース。霧降りの滝は平塚市の南西部、松岩寺の西裏山にあり、重なる岩上を霧のように流れ散る高さ約12mの滝である。四季おりおりの変化にとんだコース。


11:26  鷹取神社:鷹取山の山頂にあります:標高 219m


11:31  撮影ポイント:鷹取山・鷹取神社社殿


鷹取神社は大磯一の標高をもつ山、樹齢700年にも及ぶタブの木やスタジイなどの原生林が守られている鷹取山の山頂に鎮座しています。


11:34  南平橋まで5.9km


11:43  妙円寺まで3.3km:先ほどの山頂入口に戻ってきました


12:07  路傍休憩地:富士山がよく見えました


12:08  剣ヶ峰辺りです


12:10  路傍休憩地:表丹沢を望む


12:15  南平橋まで3.2km


12:29  南平橋まで2.1km


12:30  妙円寺


12:37  土屋一族の墓まで0.3km


12:42  土屋一族の墓:土屋城跡まで0.1km


鎌倉時代の武将でこの地の領主、土屋三郎宗遠を始祖とする土屋一族の墓所とのことです。宗遠は、鎌倉幕府を誕生させた源頼朝に、挙兵の時から参加していたされています。


12:44  土屋城址:大乗院まで0.1km


土屋三郎宗遠館の詰め城として高神山に築かれたのが土屋城と言われる。大乗院とその西にかけてが城跡らしいが、土取りでその地形は大きく変わっているために遺構は見当たらない。


12:47  大乗院:熊野神社まで0.1km



12:49  熊野神社


12:57  南平橋まで0.5km


13:02  コース案内図


13:02 南平橋バス停

ゴールしました。


この先の坂の下にも南平橋バス停があり、昼食をしてからこの日3コース目のコース9に向います。


コース8の感想
平成28年1月28日(木)晴 10:00 ~13:02
距離:8.9km/難易度:2/標準時間:2時間45分→実際時間:3時間02分


城山公園前9:50発二宮北口行きのバスに乗りました。月京バス停で降り、順調に諏訪の下橋まで行き、不動川沿いに進みました。指導標識どおり直進しましたが、その先左へ曲がる所が分からず行き過ぎました。新幹線をくぐって少し戻ったところに厳島神社(東の池)があり、それほどのロスにはなりませんでした。ところが、そこから鷹取山に向かうところで道が分からなくなりました。気がついたところはレイクウッドゴルフ場の真ん中です。かなり大回りをして鷹取神社へたどり着き、30分以上のロスとなりましした。後は順調にゴールまで進みました。


コースタイム詳細

都県 NO みち 地点名 標高m 区間km 累計km 正味h 休憩h 着t 発t 備考
神奈川 8 鷹取山・里のみち 月京バス停    16.0      0.0  10:00
神奈川 8 鷹取山・里のみち 馬場公園    17.0      0.3      0.3  0:03  0:00  10:03   10:03
神奈川 8 鷹取山・里のみち 諏訪の下橋    17.0      0.6      0.9  0:10  0:00  10:13  10:13
神奈川 8 鷹取山・里のみち 東の池    25.0      0.7      1.6  0:22  0:00  10:35  10:35
神奈川 8 鷹取山・里のみち 鷹取山P  219.0      1.5      3.1  0:51  0:06  11:26  11:32 鷹取神社 
神奈川 8 鷹取山・里のみち 路傍休憩地  147.0      2.3      5.4  0:35  0:03  12:07  12:10
神奈川 8 鷹取山・里のみち 妙円寺    53.0      1.5      6.9  0:20  0:00  12:30  12:30
神奈川 8 鷹取山・里のみち 土屋一族の墓    68.0      0.7      7.6  0:11  0:01  12:41  12:42
神奈川 8 鷹取山・里のみち 大乗院    73.0      0.2      7.8  0:05  0:00  12:47  12:47
神奈川 8 鷹取山・里のみち 熊野神社    64.0      0.1      7.9  0:02  0:00  12:49  12:49
神奈川 8 鷹取山・里のみち 南平橋バス停    54.0      1.0      8.9  0:13  13:02 昼食
神奈川 8 鷹取山・里のみち →NO9へ
集計 8 鷹取山・里のみち H28.01.28木 8.9km  8.9km  2:52  0:10   3:02 ←総h


以上です。

関東ふれあいの道 神奈川県コース7 大磯・高麗山のみち

ブログを始める前に行ったところの振り返りです。


平成28年1月28日(木)晴 07:11~09:42


距離:7.6km/難易度:2/標準時間:2時間30分→実際時間:2時間31分/撮影ポイント:湘南平・TVKテレビ塔
ルート:(平塚駅南口22番7:00-神奈中平39大磯駅行-7:11新花水橋→徒歩30秒)西海岸バス停~高麗山~浅間山~湘南平~大磯~こゆるぎの浜~城山公園前バス停→(9:50-神奈中磯14二宮北口行-9:54月京バス停)コース8へ


神奈川県コース7 大磯・高麗山のみち

高麗山(こまやま)県民の森から湘南平までのハイキングで森林浴と展望を楽しんだあとは、旧東海道の歴史と文化に触れるコースです。


神奈川県では海沿い最後のコースになり、平塚から大磯まで歩きます。1コース目の三浦海岸からこのコースゴール地点までの距離は約60kmになります。
このコースも一旦海を離れて高麗山や浅間山という山を通ります。


6:56  平塚駅南口22番のりば

起点の西海岸バス停に直接行ける西海岸行(平40)と大磯行(平39)ののりば22です。西海岸行だと12個目の終点、大磯行では11個目の新花水橋で降りて西海岸バス停まで歩きます。乗る時運転手さんに西海岸に行きたいと言ったら、一つ手前で降りて歩けばすぐだからと教えてくれました。
7:00~は10分間隔で交互に運行しています。最初に来た7:00発の大磯駅行に乗り7:11新花水橋に着きました。そこから路地を通ってわずか30秒ほど歩いたところに西海岸バス停がありました。なるほどすぐ近くでした。


7:11  西海岸バス停前からコース7スタートしました。


7:12  西海岸バス停前 コース案内板


7:15  西海岸バス停から0.1km:この新花水橋で花水川を渡り、川沿いを北に進みます


7:30  高来(たかく)神社


徳川家康の神影である東照宮が併せ祀られ、諸大名は参勤交代の折に馬を下りて参詣した神社です。


7:34  高麗山県民の森案内図:男坂と女坂の分岐点です


500種あまりの植物の宝庫で、散策路、屋外卓、ベンチ、鳥類の説明板などがある。


7:46  男坂を上ってきましたが、久しぶりの山道で結構きつかったです、山頂まで0.3km


7:54  高麗山:標高 167.3m


高麗山~名前の由来~
安藤広重画の錦絵 「東海道五十三次 大磯 虎ケ雨」に描かれている高麗山 奈良時代にこの山側一帯に高句麗からの渡来人が居住し集落を作ったことから「高麗山」の名前がついたといわれています。


8:00  浅間山まで0.7km


8:00  八俵山:標高 160m


8:14  浅間山:標高 181.3m


8:27  湘南平:テレビ塔の展望台に上ってみました


8:28  富士山がきれいです


8:29  展望台の上から大磯の海が見えます


8:30  展望台の柵には鍵が一杯ぶら下がっています

湘南平の金網に南京錠をつけるようになったのはいつ頃? - [はまれぽ.com] 横浜 川崎 湘南 神奈川県の地域情報サイト
近年では全国各地のデートスポットや景勝地で似たような儀式が行われているが、南京錠で愛を誓うのは湘南平のテレビ塔が発祥の地だといわれている。


8:30  展望台の北側


8:35  撮影ポイント:湘南平・TVKテレビ塔


8:41  高麗山公園レストハウス


9:07  こゆるぎの浜まで0.7km


9:10  東海道松並木


慶長5年(1600)の関が原の合戦に勝利をおさめた徳川家康は、慶長6年には東海道に宿駅の制度を設け、その整備を行っています。 次いで慶長9年には36町を1里(約3.9キロメートル)として一里塚をつくり、街道筋にはマツやエノキなどが植えられました。


9:17  旧吉田茂邸まで1.5km


9:28  旧吉田茂邸まで0.7km:こゆるぎの浜は行きませんでした


9:28  国道1号線:この先は西湘バイパスにつながっています


9:42  旧吉田茂邸


旧吉田茂邸は戦後の内閣総理大臣を務めた吉田茂(1878-1967) が暮らしていた邸宅です。もとは明治17年(1884) に吉田茂の養父・吉田健三が土地を購入し、別荘を建てたのがはじまりです。養父亡きあと吉田茂が邸宅を引き継ぎました。昭和20 年(1945) より大磯の邸宅を本邸とし、晩年を過ごしました。


9:44  城山公園前バス停

ゴールしました。
城山公園前9:50発二宮駅北口行のバスでコース8の起点月京バス停へ向います。


コース7の感想
平成28年1月28日(木)晴  07:11~09:42
距離:7.6km/難易度:2/標準時間:2時間30分→実際時間:2時間31分


平塚駅南口7:00発のバスは大磯行きで西海岸行きではなかったのですが、運転手に聞いたところ「1駅前の新花水橋から歩いたら」とのことです。降りて小さな路地を数10m行ったところに西海岸停留所があります。あまりにも近いのでびっくりしてしまいました。高久神社から高麗山へは男坂を登ったのですが、久しぶりの山道に息があがってしまいました。湘南台TV塔からは富士山が大きな姿を見せていました。湘南バイパスではランニングをしている人を数人見かけましたが、バスの時間に間に合わせるためこちらも少し走ったりしました。


コースタイムの詳細

都県 NO みち 地点名 標高m 区間km 累計km 正味h 休憩h 着t 発t 備考
神奈川 7 大磯・高麗山のみち 西海岸バス停      5.0     0.0   7:11
神奈川 7 大磯・高麗山のみち 高来神社    18.0     1.3     1.3  0:21  0:01  7:32    7:33
神奈川 7 大磯・高麗山のみち 高麗山  167.3     0.6     1.9  0:20  0:02  7:53   7:55
神奈川 7 大磯・高麗山のみち 浅間山  181.3     0.9     2.8  0:18  0:01  8:13   8:14
神奈川 7 大磯・高麗山のみち 湘南平P  180.0     0.3     3.1  0:11  0:12  8:25   8:37 テレビ塔
神奈川 7 大磯・高麗山のみち 東海道の松並木    19.0     2.0     5.1  0:33  0:00  9:10   9:10
神奈川 7 大磯・高麗山のみち 城山公園前バス停      9.0     2.5     7.6  0:32  9:42
神奈川 7 大磯・高麗山のみち →NO7へ
集計 7 大磯・高麗山のみち H28.01.28木 7.6km  7.6km  2:15  0:16  2:31 ←総h


以上です。

関東ふれあいの道 栃木県コース25 稜線をたどるみち

2018年11月01日(木) 晴 11:42~16:09


距離:(15.2km)→12.4km/難易度:2/標準時間:(5時間50分)→4時間20分⇒実際時間4時間27分/撮影ポイント:晃石神社本殿
ルート:栃木駅~(錦着山)~<六角堂>~太平山神社~晃石山~桜峠~馬不入山~岩舟駅


栃木県コース25 稜線をたどるみち

栃木駅を出発し、市街地をぬけ、錦着山を経由して太平山神社に至ります。神社の横から山道を登ると、まもなく山頂に浅間神社があり、稜線伝いに歩くと、ぐみの木峠を経て晃石(てるいし)神社に着きます。山頂は神社からさらに登ったところにあります。更に稜線を進むとヤマザクラの大木のある桜峠に出ます。ここは「かかしの里・ぶどうのみち」との交差点で、右に行くと村檜神社、左に行くと清水寺(せいすいじ)です。雑木林のに囲まれた稜線を進むと、関東平野を一望できる馬不入(うまいらず)山に着きます。稜線を下り、右手に岩船山を眺めながら農道を進むと岩舟駅に到着します。


コース11ゴール後栃木駅の観光案内所に寄り、「太平山・晃石山を歩こう !!」などのパンフレットをもらいました。駅前のベンチで昼食のパンを食べてから出発です。
前半の太平山神社までの7.2kmは今通ってきたコース11と全くダブっているため、錦着山へ行かずにショートカットする道にしました。県道269号線を通り、六角堂を経由して太平山神社に行く道です。距離は2.8km少なく平坦な道ですが、最後に1,000段の石段を上らなければなりません。


11:42  栃木駅 北口:快晴です

スタートしました。


11:45  境町交差点:ここを左折します


11:55  次の交差点を斜め右に入ります


12:04  栃木西中入口交差点:直進します


12:10  二杉橋:正面に太平山が見えます


12:21  信行寺:県道269号線沿いにあります


12:31  ゆるい上り坂です


この手前の自販機でスポーツドリンクを買って飲みながら歩いていたのですが、その先でコースマップがなくなっていることに気がつきました。自販機前で小銭入れを出したときに落としたと思い、すぐ引き返します。5分ほど戻り、自販機そばで落ちているコースマップを見つけました。またしても10分のロスです。


12:37  コースマップを落としたことに気がついた地点です


12:39  國學院大學栃木学園駐車場


12:41  國學院大學栃木短期大学、國學院大學栃木中学校・高等学校


12:44  この先で自動車道路は左に曲りますが、六角堂は直進です


12:45  太平山ハイキングマップ


12:47  今朝コース11のとき、この階段から下りてきました


12:48  六角堂 ここから太平山神社までは今朝通った道と同じです


太平山連祥院は、天長四年(八二七年)慈覚大師円仁により創建されました。その頃連祥院は、淳和天皇御宸筆の勅額を賜り永世勅願所となり、太平山の神事・仏事をすべてとりしきる別当寺院となりました。


12:50  あじさい坂:太平山神社まで1,000段の石段が続きます


12:52  まだまだです


12:53  田村律之助翁之胸像:あじさい坂の途中にあります


県内にビール麦栽培を導入、普及させた功労者として「ビール麦の父」と呼ばれた栃木市出身の田村律之助(りつのすけ)(1867~1932年)の・・・・・  かつて太平山の六角堂前に建立され、戦時中に金属供出のために撤去された田村の銅像(立像)の復活も検討している。銅像は同市出身の彫刻家、鈴木賢二の作だった。昭和26年に農業やビール製造関係者らの寄付で、太平山あじさい坂に石造(胸像)として再建された。


12:57  水戸天狗党太平山本陣跡


12:58  階段はまだ続きます


13:01  随神門


13:01  最後の階段です


13:06  太平山神社 に着きました


13:07  境内からの眺め


13:07  晃石山方面へは朝チェックしたここから上っていきます

ここからは初めての道です


13:11  奥宮入口、右の道でもいけるのですが折角ですので奥宮へ行ってみます


13:16  奥宮は小さいものでした


13:19  急に道が険しくなってきます


13:21  晃石山まで1.8km


13:25  晃石山まで1.6km


13:28  道が細くなりました


13:30  晃石山まで1.3km

ここでまたしてもミスです。鉄塔につられて上の方へ行ってしまいました。


13:31  中継塔

上まで行ったところ、突当りでした。


13:36  戻る途中です


11:38  晃石山まで1.3km:先ほどのところに戻ってきました、8分のロスです


13:40  晃石山まで1.1km:ぐみの木峠 標高264.1m


13:48  岩場がところどころにあります


13:48  眺めのいいところを通ります

温度計がぶら下がっていました、15度です


13:54  駒形石(駒の爪)の脇を通ります


13:55  また見通しのよいところに出ました


14:01  晃石山まで0.2km


14:02  分岐点、晃石山山頂は寄らずに左の晃石神社へ向います


14:06  晃石神社(てるいしじんじゃ)に着きました



晃石(てるいし)神社は遠い昔、山岳信仰によって建てられました。当時、鏡石(神石)があって、日夜恍々と輝いたことにより、綾都比之神と称されて山田の里人に崇めうやまわれることとなりました。


撮影ポイント:晃石神社本殿


14:14  桜峠まで1.2km  


14:17  桜峠まで1.0km


14:29  桜峠まで0.7km:青入山 標高 389.5m


14:29  いい眺めです


14:33  狭い道を進みます


13:34  ここから長い手摺りの道を下ります


14:39  ここで手摺りが終りました


14:39  桜峠 に着きました:今朝コース11で通った場所です


14:39  馬不入山まで 1.3km 


14:53  馬不入山まで0.8km


14:57  アップダウンが何回も続きます


15:01  馬不入山まで0.4km


15:07  立花ルート


15:08  馬不入山(うまいらずさん):標高 345.3m


15:08   岩舟駅まで3.3km

ここから岩舟駅までコースマップの所要時間は80分となっています。16:36発の電車に乗りたいので、急がなくてはなりません。この日の日の入は16:46分ですが、日没も心配です。下りはできるだけ走ります。


15:15  岩舟駅まで3.0km


15:17  思ったより足場が悪く、傾斜もきついです


15:21  この坂道で足を滑らせ、転んでしまいました

この後も坂道を走って下ろうとして転びましたが、大事には至りませんでした。


15:23  岩舟駅まで2.7km


15:25  どんどん下ります


15:33  岩舟駅まで2.2km


15:33  長~い階段道です


15:35  まだまだ続きます


15:35  岩舟駅まで2.1km:一旦舗装道路に出ますが、すぐに山道に入ります


15:36  岩舟駅まで2.1km:道路を渡る手前


15:37  岩舟駅まで2.1km:道路を渡ったところ

イノシシ 出没注意 !


15:38  岩舟駅まで1.2km:木段を下りたところ


15:39  池の脇を通ります


15:42  岩舟駅まで1.8km:ここからは舗装道路です


15:43  岩舟駅まで1.6km:鷲神社の境内です


15:44  鷲神社 鳥居

桃山時代に建立されてと言われており、祭神は天日鷲命(あめのひわしのみこと)です。
「お酉様」とも呼ばれており、毎年旧暦 11月の初酉の日(現在は 12月第 1日曜日)にお祭りが行われます。


15:50  岩舟駅まで1.3km


15:53  岩舟駅まで1.1km


15:55  岩舟駅まで1.0km


15:57  岩舟山参道:馬不入山方面を振返ってみました


15:58  岩舟駅まで0.8km


16:08  線路沿いの道を振返ってみました:栃木駅方面です


16:09  岩舟駅 に着きました


16:10  コース案内図

ゴールしました
かなり飛ばしたのでコースタイム80分のところを61分でたどりつくことができました。電車もゆうゆう間に合います。


岩舟観光マップ


 岩舟駅も無人駅です、券売機は故障中でした

この前にあるベンチに座り、コース11でくっついた草の種子をとりました。靴下から靴の中まで無数の種子がこびりついて、なかなかとれません。駅舎の外には数人いましたが、誰にも気付かれずに取ることができました。
16:36発小山行に乗り、栃木経由で帰ります。電車は混んでいて、座れませんでした。


コース25の感想
2018年11月01日(木) 晴 11:42~16:09
距離:(15.2km)→12.4km/難易度:2/標準時間:(5時間50分)→4時間20分⇒実際時間4時間27分


コース11で通ったばかりの道と7.2kmも重複しているため、出だしの部分をショートカットしました。県道を順調に進んでいたのですが、またしてもコースマップを落すという失態をやらかしてしまいました。六角堂 から太平山神社までの石段1,000段を、午前・午後と一日2回も通ったことになります。太平山神社からの山道では4~5人とすれ違いました。太平山の山頂にでも行ったのでしょうか。その先はアップダウンが続きます。晃石神社で撮影ポイントの写真を撮っていたら、一人の男性が上ってきました。軽装ですがトレッキングポールを2本持っています。しばらく解説板を眺めていたので、お先に失礼しました。馬不入山を越えてから急な下りで、足を滑らせてしまいました。日没と電車の時間が気になりあせっていたのですが、大事に至らなくてよかったです。


コースタイム詳細

都県 NO みち 地点名 標高m 区間km 累計km 正味h 休憩h 着t 発t 備考
栃木 25 稜線をたどるみち NO.11より
栃木 25 稜線をたどるみち 栃木駅     42.2      0.0  11:42
栃木 25 稜線をたどるみち (錦着山) 寄らず
栃木 25 稜線をたどるみち <六角堂>   114.9      3.8      3.8  1:06  0:00  12:48   12:48
栃木 25 稜線をたどるみち 太平山神社   246.2      0.6      4.4  0:18  0:01  13:06  13:07
栃木 25 稜線をたどるみち 晃石神社P   419.1      2.2      6.6  0:59  0:08  14:06  14:14 本殿
栃木 25 稜線をたどるみち 桜峠   268.3      1.2      7.8  0:25  0:00  14:39  14:39
栃木 25 稜線をたどるみち 馬不入山   344.4      1.3      9.1  0:29  0:00  15:08  15:08
栃木 25 稜線をたどるみち 岩舟駅      3.3    12.4  1:01  16:09
集計 25 稜線をたどるみち 2018/11/1(木) 15.2km 12.4km  4:18  0:09   4:27 ←総h


コース踏破メーター(2018.11.1現在)

都県 コース数 現在迄 踏破率 全㌔数 実際㌔数
東京都      7       7 100.0%      91.9km      100.2km 
埼玉県    13     13 100.0%    155.5km     148.1km
群馬県    34     34 100.0%    355.0km     399.8km
栃木県    32       8   25.0%    386.2km       97.5km
茨城県    18     18 100.0%    233.8km     270.1km
千葉県    29     29 100.0%    304.0km     312.5km
神奈川県    17     17 100.0%    153.9km     167.3km
小計  150   126   84.0%  1680.3km   1495.5km
連絡道    10    118.7km
合計  160  1799.0km

栃木県8コースを2週間で回りました。残り24コースですが、これからが大変です。
冬に入るとペースがガクッと落ちるはずです。あと10ヶ月くらいかけるつもりで、じっくりいきたいと思います。


以上です。

関東ふれあいの道 栃木県コース11 桜咲くパノラマのみち

2018年11月01日(木) 晴 6:11~11:30


距離:12.7km/難易度:2/標準時間:4時間50分→実際時間5時間19分/撮影ポイント:錦着山慰霊塔
ルート:大平下駅~大中寺~謙信平~六角堂~太平山神社~錦着山~栃木駅


栃木県コース11 桜咲くパノラマのみち

大平下駅を出発し、ブドウ畑の中を進むと「雨月物語」や「七不思議」で有名な大中寺に着きます。舗装された歩道を東に進み、ゆるやかな坂道を登りきると、「陸の松島」と言われるすばらしい眺望の太平山謙信平に着きます。ここから一度六角堂まで下り、歩道の両側にアジサイの茂る長い石段を登りきると太平山神社です。桜並木の道を下ると郊外の住宅地に出ます。永野川を渡ると全山ツツジにおおわれた錦着山公園に至り、さらに市街地を進むと栃木駅に到着します。


今日は昨日のゴール地点JR両毛線大平下駅まで始発電車で行くため、4時半に起きました。ホテルを出て駅ビルの1階にあるコンビニによってから改札へ向います。


5:32  小山駅


5:39  小山発5:53両毛線高崎行に乗ります、始発電車です


5:59  小山からの乗車券

SUICAも使えたのですが、切符を買いました

IC運賃は現金と比べて同じか安いものと思っていたのですが、それは電車特定区間・山手線内だけで、幹線・地方交通線の場合「IC運賃は、きっぷの運賃と比較して、高い場合も安い場合(一部同額)もあります。」ということが分りました。
小山~大平下間は現金320円に対し、IC運賃324円です。わずか4円ですが、大した手間でもないので切符を買ったという訳です。


6:10  大平下駅に6:09着、無人駅なので切符入れに自分で入れます


6:11  コース案内図

スタートしました。


ここから大中寺までの2.4kmは昨日のコース9と全く同じ道です。


6:16  朝焼けです、この日栃木市の日の出時間は 6:03でした


6:16  大平下駅から0.3km:両毛線の踏切です


6:17  ご来光です


6:18  今日も晴れわたっています


6:21  大中寺まで1.7km:ブドウ畑を通り抜けます


6:26  大中寺まで1.3km:ここから山道に入ります


6:27  関東ふれあいの道 利用者の皆さんへ:この看板は頻繁に見かけます


6:30  杉林の山道


6:39  山道はここで終りです、道路を渡り直進します


6:41  途中のブドウ畑


6:43  冷しとうふのお店


6:43  コース10の合流点


6:45  大中寺入口:ここまでは順調にきました


ここで道を間違えました。手前の道を右折してしまったのです。5分ほど行ってミスに気がつきました。すぐ引き返します。


6:55  先ほどの場所に戻ってきました、丁度10分のロスです

大中寺

七不思議が伝わる曹洞宗の寺 太平山南麓の山懐につつまれた名刹大中寺は、はじめ真言宗の寺として久寿(きゅうじゅ)年間(1154~1155)に建てられたが、その後、衰退していたのを快庵妙慶禅師(かいあんみょうけいぜんし)が延徳(えんとく)元年(1489)に曹洞宗の寺として再興したという。


6:56  直進すれば大中寺ですが、昨日行っているのでパスしました。
ここが本来の右折する道です:昨日下見したにもかかわらず間違えるとは迂闊でした


6:56  太平山神社まで3.1km


7:07  太平山神社まで2.4km:ここを左折して道路から離れます


7:09  左折後振返ってみたところです


7:15  標識はありませんが、正面の道を進みます


7:16  休憩所があります


7:28  謙信平解説板


7:28  謙信平のT字路ですが、展望台がどこにあるのか分らずしばらく探しました

左に曲ったすぐのところに階段道があったので、上っていったら展望台がありました


7:31  謙信平 展望台:上ってみました

反対側に金属製のすべり台があります。一気に下りることができました

関東平野を見渡した上杉謙信が、あまりの広さに目を見張ったという故事から生まれた。
戦国時代の頃、関東平定を競い対立した越後の上杉謙信と、小田原の北条氏康は、当時の大中寺住職虎溪和尚(こけいおしょう)の斡旋により、永祿11年(1568)9月、大中寺において和議を結んだ。 そのあと、上杉謙信は太平山に登り、兵馬の訓練を行い太平山上から南の関東平野を見渡し、あまりの広さに目を見張ったという故事から謙信平の地名が生まれたいわれる。


7:32  展望台の上からの眺め:樹が邪魔で展望はありません

コースマップの解説に”「陸の松島」と言われるすばらしい眺望の太平山謙信平”とありますが、360度鬱蒼とした樹木に囲まれて全く眺望はありませんでした。


7:37  この階段を上ったところに展望台があります、入口には何の案内もありません


帰ってから調べてみると、どうやら謙信平展望台というのはここではなかったようです。右側の坂道を300mほど上がったところにあると思われます。何の案内もないのでたどり着けませんでした。


7:39  栃木県立 太平少年自然の家


7:40  太平山神社まで1.1km:ここで道路から離れて左折し階段を下りて行きます


7:40  長~い階段道です


7:43  六角堂まで0.3km:整備された石段が続きます

途中で上ってくる男性に会いました


7:48  六角堂:正面からだとどこが六角か分りません

当院は、連祥院と称していますが、六角堂の名で知られ、太平山の中腹、表参道の登り口にあります。慈覚大師が太平山創建の際、その本地仏として山城国、国宝寺にあった虚空菩薩を移したもので、作は聖徳太子と言われています。

太平山連祥院は、天長四年(八二七年)慈覚大師円仁により創建されました。その頃連祥院は、淳和天皇御宸筆の勅額を賜り永世勅願所となり、太平山の神事・仏事をすべてとりしきる別当寺院となりました。


7:49  六角堂:独特な建物です


7:49  あじさい坂:六角堂から太平山神社まで1,000段の石段が延々と続きます、


階段の両側に一面の紫陽花  太平山県立自然公園六角堂前から随神門に至る太平山神社表参道、約1,000段の石段両側に西洋あじさいをはじめ、額あじさい、山あじさいなど、約2,500株が咲き競います。


7:51  あじさい坂から見た六角堂


7:52  長~い石段です、両側には約2,500株のアジサイがあります


7:54  石段はまだまだ続きます


7:57  太平宮の鳥居


8:02  広い石段になり、随神門が見えてきました


8:04  随神門に着きました


8:05  随神門解説板


8:11  隨神門


太平山神社への入口 太平山神社の少し下にある門です。 1723年、太平山神社の下に寺院があった時に仁王門として建てられたものです。 明治の神仏分離令によって寺院は別の場所に移りましたが、門はそのまま残されました。 天井には雪舟の弟子磯辺等随によって描かれた龍の絵があり、門とともに市の指定文化財となっています。


8:12  まだ階段が続きます:上の方は反射してよく見えません


8:14  違う階段がまだ続きます


8:17  太平山神社(おおひらさんじんじゃ)にようやく着きました


天長 4年(827)慈覚大師により創建されたといわれています。武将、諸人の崇敬が高く、特に徳川 3代将軍家光以来代々当社を崇敬しました。神社拝殿の傍らに星宮神社があり建物が仏堂で、神仏混淆の名残となっています。神仏分離令以前は虚空蔵菩薩を祀っていました。


8:18  ご神石


当社本殿の正面には「御神石」がございます。こちらの神石を撫でると大きな霊験が得られるとされています。・・・・・ですが、撫でた後は神社へもお参りいただき、霊験を正しく受けられるようにしてください。


8:19  境内から南側の眺め:正面は筑波山です


8:20  奥宮入口:ここは午後コース25で再びきます


8:21  太平山神社解説板:表題は大に見えますが、よく見ると点が書かれています


8:23  境内から東側の眺め


8:25  この道は正規のルートではないようですがマップをみながら行ってみます


8:26  立派な階段を下りてきました


8:29  広い道路に出てきました


8:32  錦着山まで3.7km:正規ルートに戻りました


8:40  錦着山まで3.2km


8:43  錦着山まで3.0km


8:45  錦着山まで3.0km:私有地の手前を右折します


8:49  里程標:栃木駅まで5.7km


8:49  道が荒れています


8:52  ところどころで標識のない分岐があります:右側を直進します


8:54   錦着山まで2.5km


9:01   錦着山まで2.1km:市街地に入ってきました


9:03   錦着山まで1.7km:学校のようです


9:04  栃木県立栃木農業高校


9:08  関東ふれあいの道石碑:昭和58年3月:35年も前のものです


9:14  錦着山まで1.4km


9:17  錦着山まで1.2km

ここで痛恨のミスです。矢印は右を示しているのに、この辺から山道に入ると思い込んで迷わず左に行ってしまいました。進んだ先は行き止まりでした。


9:23  戻る途中にわき道を見つけ、中へ入ってみます


9:24  振返って標識がないか確認しましたが、見つかりません:あるはずがありません


9:30  給水塔の下に出てきました


9:31  いい眺めです、筑波山が見えます


9:31  錦着山が見えています


9:37  眺めている場合ではありません、下りる道がないのです


9:44  道なき道を進むと服にいっぱい草の種子がくっつき靴の中にも入ってしまいました

取っても草むらを通るたびにくっついてしまいます


9:50  道はないのですが、無理やり下りていきます


9:55  ようやく下まできたら、なんとフェンスに囲まれて向うに行けません

GPSでみるとルートからは100mも離れていません。間違いなくこの住宅の向うなのですが、どうやってもいけないのです。


9:57  回り込むと「関係者以外立入禁止」の看板が

仕方なく草むらを上の方に戻ります


10:04  上着までびっちり草がくっつきチクチクします

食い込んでいるので、はたいたくらいでは取れません、一つ一つ丁寧に取り外していきます。10分くらいかけましたが、全部は取りきれないので歩きながら続けました。


10:08  苦労してやっとのことで抜け出し、先ほどの標識まで戻って矢印と反対に行ったことを確認しました、実に51分のロスとなりました


10:12  錦着山まで0.8km


10:15  錦着山まで0.7km


10:18  錦着山まで0.6km:住宅の向うに先ほどのフェンスが見えます


10:18  この傾斜地をさまよいました


10:21  永野川 上人橋


10:25  ここを左折します


10:26  ここから錦着山に入ります


10:29  護国神社下


10:30  錦着山に着きました


旧名箱森山。山上の招魂社は戊辰西南両役における戦死者を祀り、その忠魂を慰めるために醵金(きょきん)をもって建設されたもので、明治11年10月土工を起こし、12年9月社殿・社務所等の建物が完成し、同月24日祭典を行い、以来この日を例祭、執行の定日としています。


10:32  撮影ポイント:錦着山慰霊塔


10:36  狛犬:左右まるで違う格好です


10:40  錦着山の反対側に下りてきました


10:43  薗部町歩道橋を右折します


11:01  県道309号線


11:04  歩道橋を渡ります


11:09  県立栃木商業高校


11:24  ここを右折します


11:26  東山道:律令時代の五畿七道の一つ。大宝1 (701) 年近江,美濃,飛騨,信濃,上野,武蔵,下野の7ヵ国の国府を連ねる街道


11:30  栃木駅に着きました


11:30  コース案内図

ゴールしました。


喜多川歌麿と栃木「歌麿ゆかりの地」案内図


このあと駅構内にある観光案内所に立ち寄り、「太平山・晃石山を歩こう !!」などのパンフレットをもらってきました。駅前のベンチで軽く昼食をとり、コース25に向います。


コース11の感想
2018年11月01日(木) 晴 6:11~11:30
距離:12.7km/難易度:2/標準時間:4時間50分→実際時間5時間19分


大失敗でした。思い込みは禁物だということです。標識はきちんとしているのに、ろくろく見もせずに左折したのがいけなかったのです。過去最大のミスかも知れません。大中寺手前のミスと合わせると1時間以上になってしまいました。それでも下り坂はできるだけ走ったので、約30分の超過で済みました。
謙信平展望台の位置が分りませんでした。コースはT字路を右なのですが、一度左に曲り展望台へ行って戻ってくるようです。標識も案内の看板もなく、コースマップもそのようになっていません。結局見通しの悪い展望台に上り、眺めの悪さにがっかりしてしまいました。もう少ししっかりした案内をしてほしいものです。


コースタイム詳細

都県 NO みち 地点名 標高m 区間km 累計km 正味h 休憩h 着t 発t 備考
栃木 11 花咲くパノラマのみち 大平下駅     36.0     0.0    6:11
栃木 11 花咲くパノラマのみち 大中寺     99.5     2.4     2.4  0:34  0:10    6:45     6:55
栃木 11 花咲くパノラマのみち 六角堂   114.9     2.5     4.9  0:53  0:01    7:48    7:49
栃木 11 花咲くパノラマのみち 太平山神社   246.2     0.6     5.5  0:29  0:05    8:18    8:23
栃木 11 花咲くパノラマのみち 錦着山P     80.0     4.3     9.8  2:07  0:08  10:30  10:38 慰霊塔
栃木 11 花咲くパノラマのみち 栃木駅     42.2     2.9   12.7  0:52  11:30
栃木 11 花咲くパノラマのみち NO.25へ
集計 11 花咲くパノラマのみち 2018/11/1(木) 12.7km 12.7km  4:55  0:24   5:19 ←総h


以上です。