mesetaのブログ

ウォーキングとフラメンコ

フラメンコとの出会い-シリーズ1 フラメンコギター

1.フラメンコギターとの出会い
中学3年のとき、三軒茶屋の楽器店で初めてギターを買いました。クラシックギターとも呼べない安物のギターでしたが、夢中になって練習し、寝るときはいつも枕元においていました。ところが1年もしないある日、寝ぼけて踏みつけたために壊れてしまいました。ネックがはずれて使い物にならなくなってしまったのです。


最初に買ったギター


新しいギターが欲しいと思っていたところ、姉の友人が楽器店を紹介してくれることになり、クラリネットを買ったというお茶の水のその店へ連れていってくれました。ギターを選んでいると、店員が「おもしろいギターがあるけど、どうかな!」と言ってきました。一見普通のギターに見えますが、表面板に白いプラスチックのようなものが貼り付けてあります。それがゴルペ板というのを、後から知りました。


ゴルペ板


迷いましたが、弾いてみると結構いい音がするので、それに決めることにしました。フラメンコギターというものを手に入れたのです。高校1年になっていました。


橋本一男/Kazuo Hashimoto Framenco Guitar 1960


これが初めてのフラメンコとの出会いです。


何の知識も無く買ったので、フラメンコの曲を全く弾くことができません。回りをみてもフラメンコを知っている人は誰もいません。しばらくカルカッシやクラシックの曲を弾いていました。


カルカッシ教則本


その後、伊藤日出夫(1932.5.27-2017.5.6、日本フラメンコ協会最高顧問)がまとめた「フラメンコ・ギター曲集」 初級編、中級編の2冊が出たのをきっかけに、フラメンコの曲を知るようになりました。今までみてきたクラシックの楽譜とかなり違い、おたまじゃくしが”うようよ”しています。


「フラメンコ・ギター曲集」 楽譜の一部

フラメンコギターは指で爪弾くことに加え、叩きつけるような奏法が多く出てきます。


「フラメンコ・ギター曲集 1初級編(伊藤日出夫編)」全音楽譜出版社発行1963年

ぼろぼろです。


 「フラメンコ・ギター曲集 2中級編(伊藤日出夫編)」表紙



2017.05.09【訃 報】一般社団法人 日本フラメンコ協会
当協会 最高顧問 伊藤日出夫儀 平成29年5月6日 享年84才にて永眠いたしました。
ここに生前のご厚誼に深く感謝いたしますとともに 謹んでお知らせ申し上げます。


フラメンコの曲を実際耳にしたのはサビーカス(Sabicas、Pamplona,Spain生、1912.3.16-1990.4.14 )とホアン・セラーノ(Juan Serrano、Córdoba, Spain生、1935-)のLPを聴いたときだったと思います。


Golden Flamenco Guitar(Sabicas/Juan Serrano)レコード


その頃マニタス・デ・プラタ(Manitas de Plata、フランス生、1921.8.7-2014.11.5)が大フィーバーしたこともあり、日本でもLPが発売されました。フラメンコのコンパス(フラメンコ独特のリズム)からはずれていると批判を受けていましたが、あっという間に世界に知れ渡りました。1965年ニューヨークのカーネギー・ホールやロンドンのロイヤル・バラエティ・パフォーマンスでのコンサートなど、世界ツアーを行っています。息子たちはジプシー・キングスで活躍しています。


マニタス・デ・プラタレコード


また、ソノシートでのフラメンコ曲集なども出始めていました。


やがて勤めるようになって地方転勤を命ぜられ、愛用のフラメンコギターも連れて行きました。独身寮の部屋で夜な夜な弾いていたら、「うるさ~い!」と怒鳴られることもたびたびでした。しかしこのギターも無残な姿となってしまいました。


壊れたギター側面


何故か捨てられずに今も持っています。
その後仕事が忙しくなってしばらく空白の時期がありました。


そして、次に買ったのがこのギターです。


YAMAHAクラシックギター(後から別途購入したゴルペ板を貼り付けました)


しかし、どうしてもクラシックギターでは満足できず、当時新宿7丁目の明治通り沿いにあったプリメラギター社で憧れのスペイン製フラメンコギターConde Hermanos(コンデ・エルマノス)を買いました。この店はCDをはじめフラメンコに関するものは何でも取扱っている数少ない専門店で、それまでに何度も訪ねて顔なじみになっていました。今は近くのビルに移転しています。


Conde Hermanos Flamenco Guitar 1992


プリメラギター社、当時のパンフレット



プリメラギター社 東京都新宿区大久保2-5-19-203 シティプラザ大久保203


さらに数年後、同じプリメラギター社で今度はMiguel Santos(ミゲル・サントス)を買ってしまいました。


Miguel Santos Flamenco Guitar 2007


今でもこの2台を毎日のように弾いています。近所迷惑を顧みずに!


以前撮った動画をご覧ください。
Fandangos de Huelva.wmv (5322KB)
Guitar:Conde Hermanos

mesetaのブログ
趣味・フラメンコ トップ(最近更新していません)