mesetaのブログ

ウォーキングとフラメンコ

関東ふれあいの道 群馬県コース1 三波石峡のみち

2016年3月21日(月)曇後晴
http://www.pref.gunma.jp/01/e2310117.html
コース1 三波石峡のみち
(1.0)+5.0=6.0㎞/一般向け/標準歩行時間:(15分)+1時間15分=1時間30分/撮影ポイント:三波石峡
ルート
高崎線新町駅からバスで栢ヶ舞⇒(徒歩)→登仙橋~三波石峡~叢石橋~下久保ダム~神流湖~夜沢→コース34へ
注)群馬県のホームページによれば現在一部通行止めになっているようです。
※通行止めのお知らせ
現在、叢石橋から下久保ダム堰堤脇までの区間が通行止めになっています。
利用者の皆様には、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 


ブログを始める前に行ったところを振り返ってみました。まずはコース1です。


このコースは5.0kmと群馬県で一番短い距離となっています。
コース案内には起点まで2通り載っています。
起点へ 交通機関
1.JR高崎線本庄駅より朝日バス「神泉総合支所行き」に乗り、「鬼石郵便局前」にて神泉村営バスに乗換え「登仙橋」にて下車
2.JR高崎線新町駅より日本中央バス「鬼石行」「万場行」又は「上野村行」に乗り、「鬼石郵便局前」にて神泉村営バスに乗換え「登仙橋」にて下車

しかし何れも本数が少なく時間が合わないため、別ルートの栢ヶ舞(かやかぶ)で降りて登仙橋まで約1kmを歩くことにしました。


8:45
高崎線新町駅前バス時刻表です。

左側の日本中央バス鬼石(おにし)行と書いてある奥多野線8:50発しおじの湯行きに乗り、栢ヶ舞(かやかぶ)で下車します。ミニバスでICカードは使えません。


9:50
時刻表の9:48より約2分遅れで栢ヶ舞(かやかぶ)に着きました。790円でした。遠くに見えるのは乗ってきたミニバスです。


10:05
10分ほど歩くと登仙橋が見えてきました。バスの停留所は渡った先にあります。

登仙橋は群馬県と埼玉県の県境にかかっています。ここから下久保ダムまでは埼玉県のコース10下久保ダムを望む道と同じです。


10:19
コース1は橋の手前を右に曲りますので、登仙橋は渡りません。

曲ってすぐに里程標と三波石峡の看板があります。



登仙橋から下久保ダムまでの約1.3kmの三波石峡は、国の名勝・天然記念物にも指定されている美しい渓谷です。 三波石の巨岩や奇岩と周囲の樹木が織りなす景観は、まさに自然がつくりだした芸術です。「三波四十八石」といわれる48個の巨岩・奇岩にはそれぞれ名前がつけられています。


10:20
すぐそばに三波石峡48石の詳細案内がありました。


10:20
叢石橋(そうせきばし)到着です。撮影ポイント


10:44
下久保ダムへ向う途中の道から三波石峡を見下ろしたところです。

途中ぬかるみや倒木が道をふさいだりしていて、歩き難い道でした。


10:51
上りきった所です。城峰公園は埼玉県のコースです。群馬県コース1は反対の方向になります。


10:51
神流湖(かんなこ)


首都圏の水がめである神流湖は、群馬県と埼玉県の県境にあり、釣りを楽しむ方々や湖面散策などの方々で賑わう場であると同時に、下流受益者との上下流交流会等のふれあいの場でもあります。昭和44年から管理開始された下久保ダムは全国でも珍しいL字型のダムであり、堤頂長の長さは605mとコンクリートダムでは全国一を誇ります。また、神流湖周辺は豊かな自然に恵まれ、四季折々の自然を楽しめるハイキングコースとしても人気があります。


10:52
下久保ダム堰堤から三波石峡を見たところです。


11:00
放流中の下久保ダムです。


下久保ダムは、水資源機構が管理する重力式コンクリートダムの多目的ダムです。日本では数少ない堤体が直角に折れ曲がっている構造が特徴のダムで、堤頂長は605m、コンクリートダムでは日本一の長さを誇ります。


11:24
坂元バス停そばの「おにし野外活動センター」入口の看板。


11:30
保美濃山バス停、終点です。


所要時間:(15分)+1時間25分
今日の感想(2016.3.21AM:群馬県コース1)
バスの時間を検討した結果、新町からしおじの湯行きに乗り栢ヶ舞で降りて、登仙橋まで約1kmを歩くことにしました。前半は埼玉県コースで歩いているので、周りは余り見ず叢石橋で写真を撮りました。下久保ダムへ向う道はかなり荒れており、倒木も多く歩きにくかったです。三波石峡の途中でダム放流中の看板があったので、ダムの上から覗きこんで確認しました。短いコースですが、全体を通して誰一人出会うことはありませんでした。ゴール後そのままコース34に向かいました。


以上です。