mesetaのブログ

ウォーキングとフラメンコ
Walking,Flamenco&Guitar
Caminante,Flamenco y Guitarra

目黒区01 目黒通り/きらびやかな目黒通りを歩く TOKYO Walking Map 2024.1.5

2024.1.5(金)晴  5.8km→6.8km
ルート:<メイン>自由が丘駅正面口→自由の女神像「あをそら」→イチョウ並木→中根橋欄干→カーディーラーの多いエリア→インテリアストリート→目黒寄生虫館→大鳥神社→権之助坂→目黒駅西口


コース01のゴール自由が丘駅南口から正面口へ移動しました。


トウキョウ ウォーキング マップ 東京都保健医療局のサイト

目黒区01 目黒通り/きらびやかな目黒通りを歩く
東西繋ぐストリート お洒落な店とイチョウが並ぶ
最寄駅:自由が丘駅(東急電鉄) 自由が丘駅(東急バス) 所要時間:約1時間27分 距離:約5.8km 消費カロリー:約261kcal 歩数:約8290歩


12:48  自由が丘駅正面口 スタートしました


12:49  自由の女神像「あをそら」  

自由の女神像は1961年、街のシンボルとして誕生しました。制作は彫刻家・澤田政廣氏です。


右折してカトレア通りへ  


右折 ヒルサイド通りへ  


熊野神社  先ほどコース06で来ました


東横線踏切手前を左折 自由通りへ  

睦坂   

profile/睦坂
この坂のある道は,昭和の初めの耕地整理によって新しく造られた道である。当時この付近に住んでいた人々が親睦を願って名付けた。


中根交差点 右折 目黒通り

13:08  イチョウ並木  

山手通り~環状8号線間の目黒通りにはイチョウ並木が続き、秋の街を黄色に彩ります。


13:17  中根橋欄干   

呑川が暗渠になっても残された橋の名残です。欄干には「昭和十三年九月竣功」とあります。


暗渠になった呑川  都立大学駅方面


東急東横線 を越え 


柿の木坂  


環七通り を越え


碑文谷警察署  

どぜむ坂  

profile/どぜむ坂
坂名の“どぜむ”は 堂前(どうぜん) の意味で,昔 このあたりの道端にお堂があたことから“どぜむ坂”と呼ぶようになったといわれる。また,この土地の“土左衛門”なる人がひらいた坂なので“どざえもん坂”,それがなまって,“どぜも坂”“どぜむ坂”とよばれるようになったともいわれている。


どぜむ坂を振返ったところ


碑文谷交差点 直進  


13:40  カーディーラーの多いエリア  

環状7号線~目黒郵便局の間には、国産車や外国車のディーラーが軒を並べています。


目黒郵便局  


目黒消防署  


油面交差点  地蔵通り  


元競馬場交差点  競走馬がデザインされた街灯が見えます


14;16  インテリアストリート  

下目黒付近には国内外の多種多様な家具を扱うインテリアショップが集まっています

多摩大学目黒中学校・高等学校  


金毘羅坂  

profile/金毘羅坂
坂の西側に 金毘羅権現社(高憧寺)があったので,坂の名がついたといわれる。金毘羅権現社は,江戸名所図会の挿絵に その壮観がしのばれるが,明治の初めに廃寺となった。坂の東側には,明治四十年に 目黒競馬場ができ,昭和八年に 府中に移転するまで,この坂は 競馬場にゆきかよう人びとでにぎわった。


14:20  目黒寄生虫館   中に入ります

寄生虫学を専門とする研究博物館です。約300点の液浸標本や関連資料を展示しています。

公益財団法人目黒寄生虫館 (研究博物館:日本)
目黒寄生虫館は、医学博士 亀谷了(1909-2002)が私財を投じて1953年に創設した寄生虫学専門の私立博物館です。館内には国内外から集められた約300点の標本及び関連資料を展示しています。
午前10時~午後5時  休館日 毎週月曜日・火曜日/年末年始  無料


創設者 亀谷了 妻 澄 母 ちゃう の像  


目黒寄生虫館 展示案内  


目黒寄生虫館 1階「寄生虫の多様性」  


目黒寄生虫館2階「人体に関わる寄生虫」


目黒寄生虫館  寄生虫学の歴史

14:36  大鳥神社  西門から入りました

806年に社殿が造営されたと伝わる目黒の総鎮守です。江戸九社の一つであり、酉の市でも有名です。

大鳥神社【目黒区最古の祈願所、江戸時代から続く酉の市が有名】
景行天皇の御代(西暦71~130年)、当所に国常立尊を祀った社がありました。当社の社伝によると、「尊の霊みたまが当地に白鳥としてあらわれ給い、鳥明神として祀る」とあり、大同元年(西暦806年)には、社殿が造営されました。当社の社紋が鳳凰の紋を用いているのは、このためです。日本武尊の祈願成就の由緒により、目黒の祈願所といわれます。


大鳥神社 神楽塚   


大鳥神社 目黒稲荷神社  


大鳥神社 切支丹灯籠  


大鳥神社 大アカガシ  


大鳥神社 を出て山手通りへ


大鳥神社交差点を右折して 目黒通りに戻りました

目黒新橋(目黒川) 


権之助坂 バス停  


14:51  権之助坂  

坂名は江戸中期の中目黒村の有力者菅沼権之助に由来しています。坂の途中には商店が連なります。
profile/権之助坂
「中目黒の田道に権之助という人物があった。悪党とも大人物とも言われているが,官憲に捕らえられて斬首されることになった。今生の思い出に我が家を見たいと願ったので,縛られたまま馬上からその願いがかなえられ,この坂は権之助坂と呼ばれるようになった。」(「東京の坂風情」道家剛 より)


目黒駅が見えてきました


14:58  目黒駅西口  ゴールしました


次のコース01はゴールした目黒駅西口から正面口へ移動してスタートします。


Google マイマップで作成 SUUNTO のトラックデータ


カシミール3Dのグラフ  5.8km→6.8km


目黒区01 目黒通り/きらびやかな目黒通りを歩く のコースタイム

経由地 距離km 累計km 総h 所要h 見学h 着t 発t
自由が丘駅正面口   0.0km  0:00  12:48
自由の女神像「あをそら」   0.0km   0.0km  0:01  0:01  0:00  12:49  12:49
イチョウ並木   1.1km   1.1km  0:20  0:19  0:00  13:08  13:08
中根橋欄干   0.5km   1.6km  0:40  0:20  0:00  13:28  13:28
 カーディーラーの多いエリア    1.4km   3.0km  0:52  0:12  0:00  13:40  13:40
インテリアストリート     2.1km   5.1km  1:25  0:33  0:00  14:13  14:13
目黒寄生虫館   0.4km    5.5km  1:46  0:07  0:14  14:20  14:34
大鳥神社   0.1km   5.6km  1:56  0:02  0:08  14:36  14:44
権之助坂   0.8km   6.4km  2:03  0:07  0:00  14:51  14:51 
目黒駅西口   0.4km   6.8km  2:10  0:07  14:58 
コース05へ
2024/01/05(金)晴   6.8km  2:10   1:48  0:22


目黒区01 目黒通り/きらびやかな目黒通りを歩く の感想
中根交差点から目黒駅までの約5.0kmをひたすら歩くコースです。
道路沿いにある見どころ施設としては唯一目黒寄生虫館がありました。名前からしてどうせ空いてているだろうと思っていたのですが、中へ入るとかなり人がいたのでびっくりしました。親子連れから若い男性グループ、カップルなど幅広い年齢層です。条虫や回虫など気持悪いホルマリン漬けの容器を熱心に見ている人もいました。
目黒通りに出る前にあった睦坂、目黒通りに入ってからは柿の木坂・どぜむ坂・金毘羅坂・権之助坂など坂の多いコースでした。


以上です。
目黒区全  ⇦  目黒区01  ⇨  目黒区02
                                        駒場・青葉台