mesetaのブログ

ウォーキングとフラメンコ
Walking,Flamenco&Guitar
Caminante,Flamenco y Guitarra

中野区07 青梅街道~中野新橋コース(上級) TOKYO Walking Map 2021.4.11

2024.4.11(木)晴 7.2km→8.0km
ルート:東中野駅西口→中野氷川神社→<東部区民地域活動センター>→宝仙寺→多田神社→正蔵院→中野新橋駅


コース05のゴール新井薬師前駅から西武新宿線に乗り、4つ目の鷺ノ宮駅で降りました。


トウキョウ ウォーキング マップ 東京都保健医療局のサイト

中野区07 青梅街道~中野新橋コース(上級)
最寄駅:東中野駅(JR)東中野駅(都営地下鉄)東中野駅西口(関東バス)東中野駅西口(西武バス) 所要時間:1時間48分 距離:7.2km 消費カロリー:324kcal 歩数:10290歩


8:53  東中野駅西口  スタートしました


駅前信号 左折 山手通りへ  


9:02  中野氷川神社  

旧中野村の総鎮守で、創建は長元3年(1030年)、 武蔵一宮である大宮氷川神社から勧請したのが起源と伝わります。境内には力石や7〜800年前の作といわれる狛犬など区指定の文化財が多く、毎年9月に行われる例大祭は区内最大級の規模です。

氷川神社【おひかわさま】 - 東京都神社庁
当社は、長元三年(1030年)後一条天皇の御宇、源頼信公が平忠常征討の際、武蔵国一宮大宮氷川神社より勧請したもので、旧中野村の総鎮守社である。

中野氷川神社 神楽殿  


中野氷川神社 塩竃神社  


中野氷川神社 御獄神社  


宮下交差点 右折    


コースルートは桃園川緑道へ入るのですが、中野区ウォーキングマップをもらうため寄り道します


9:12  <東部区民地域活動センター>   


受付で話したら目の前のカウンターの上に置いてありました


桃園川緑道に入りコースに戻ります


桃園川緑道 塔の下橋跡  

桃園川緑道 東雲橋跡  とその先 宮前橋跡


桃園川緑道 宝仙橋跡 左折 


実践学園中学校・高等学校 


宝仙学園  


犬坂  

profile/犬坂
江戸時代,将軍が遊猟した際に,猟犬が野犬に襲われることがあるため,野犬狩りをして現在の犬坂下あたりに拘束していたことに因む。(「東京の坂風情」による)


狭い路地をいくつか曲ります


9:28  宝仙寺  山門(仁王門) 阿・吽一対の仁王像が納められた山門。

中野区でも屈指の広大な寺院です。歴史は古く、平安後期の寛治年間(1087~1094年)源義家によって創建されました。寺院の中には忿怒形相の阿吽の仁王が立つ山門や、中野村名主堀江家の墓所、中野町役場跡など文化財が多くあります。

 


宝仙寺 本堂  鎌倉期の不動明王を中心に五大明王像が安置されている。

宝仙寺|真言宗豊山派(明王山 聖無動院)
『武州多摩郡中野明王山聖無動院宝仙寺縁起』によると、宝仙寺は 平安後期の寛治年間(1087~94)源義家によって創建されました。


宝仙寺  鐘楼  平成28年11月再建された鐘楼
             中野町役場跡碑  明治28年から昭和の初期まで中野町役場が、また区役所が境内に置かれた。


宝仙寺 石臼塚  供養のため噴水として積み上げた石臼、頂上のものは昔し甘酒をすったもの。 


宝仙寺 三重塔  再建された飛鳥様式の純木造建築の塔。

宝仙寺 御影堂  弘法大師の尊像が安置されているお堂。



宝仙寺 堀江家の墓所  


宝仙寺 六地蔵引導地蔵尊坐像(見送り地蔵) めずらしい見送り地蔵と六地蔵が並ぶ。


宝仙寺 大師堂  


宝仙寺 を出ます 


宝仙寺前交差点 右折 青梅街道へ  

慈眼寺  


鍋屋横丁交差点 左折 鍋屋横丁通りへ   


十貫坂上交差点 左折 中野通りへ  


中野区立本五ふれあい公園  

本五ふれあい公園  木にはしごをかけ 鯉のぼりを吊り下げる準備をしていました


壽橋(神田川) 

東京都立富士高等学校 ・附属中学校 


五差路 信号 斜めに右折  


みなみらいず  中野区南部スポーツ・コミュニティプラザ


急な下り坂を下り 信号 左折  


東京メトロ中野検車区  


信号渡り 右折  


横断歩道橋先 左折 

突当り 左折 国府道へ 


寶福寺 


10:35  多田神社  

寛治6年(1092年)、源義家が大宮八幡宮(杉並区)に参詣した際、先祖多田満仲を奉祀したことに始まるといわれています。現在の南台地域は、かつては雑色と呼ばれており、多田神社は雑色村の鎮守として崇められ、現在に至っています。

多田神社 | 多田満仲公をお祀りしている神社
源満仲公の威力は関東に及び、特に雑色村の文化向上に尽くされた事蹟は尠少ではない。仍って時の里人の敬慕浅からぬものがあった。その第2子は歴史上著名な頼光公であり、第4子頼信公は平忠常を討ち関東を平定した。続いて頼義、義家の父子二公は前九年後三年の両役に大軍を率いて、奥羽の地に赴きその凱旋の帰途、寛治6年(1092年)祈願達成の報賽として大宮八幡宮に神鏡を献じ、別当宝仙寺を建立すると共に大宮八幡宮造建の時の八幡宮神供の雑色料の地である当地に日頃淑敬する満仲公の祠を建てたところ雑色村の鎮守社として住民に崇敬せられてきたということが「武蔵名勝図会」に記されている。


多田神社 榛名神社・御嶽神社・阿夫利神社  

多田神社 を出ました


南台三丁目公園  


左折  


南台商店街  


南台三丁目交差点 直進  


信号 左折 柳通りへ  


南台いちょう公園 草地広場ゾーン  

南台いちょう公園 運動広場ゾーン  


当然北側の出口から出られると思ったら、出口がふさがれていました


仕方なく入ってきた南側に戻ります

出入りが出来ないのなら、案内図にその旨記載すべきです
改めて見直ししましたが何の説明もありません


原因は歩道が片側しかないためだと思われますが、不親切です


東大付属前交差点 左折  右に東京大学教育学部附属中等教育学校があります


栄町公園  


通り抜けて 右折後すぐ左折 

柳通りへ   


川島通り入口交差点先 左折  正蔵院へ行ってここへ戻ってきます


正蔵院川嶋地蔵堂  

正蔵院|中野区弥生町にある真言宗豊山派寺院
中央の地蔵尊は享保10年(1725)に建てられたもので、正面の台石には「川嶋村内の善男善女が一人も欠けず皆でこれを建てた」と刻まれています。
両脇の六地蔵は宝暦7年(1757)田口平四郎の妻が願主となり、川嶋村地蔵講中で建てたものです。


11:19  正蔵院  

川住行教の墓所。境内には桜の木が植えられており、桜の季節の参拝がおすすめです。

正蔵院 | 中野区寺院仏事ガイド
当寺は圓通山・正蔵院・海章寺と号し、天文元年(1532年)法印賢盛によって開創された。真言宗豊山派に属し、以前は宝仙寺の末寺であった。また、明治の神仏分離以前は神明氷川神社の別当をつとめていた。境内には、享保10年(1725年)当時の川島村の人々が皆で建立した背の高い石の六地蔵尊があり、川島地蔵として知られている。

正蔵院 川住行教の墓所 

当寺の墓地に川住行教の墓所があります。角柱杉の墓石に「真照院良誉行教」とあるのがそれです。行教は文政8年(1825)三河国西尾藩(現、愛知県西尾市)に生まれ、のち、藩主松平乗全、乗秋の二代に仕えました。江戸時代の末、幕府非常の際、乗全が老中の重職命ぜられ江戸に下ったおり、行教もこれに随行し万延元年(1860)3月井伊大老の暗殺事件がおき、乗全がその責を負い老中の職を辞して西尾藩に退いたとき、行教もまた帰藩しました。のち乗秋に仕えて大いに藩の改革につとめました。明治維新、新政府に選ばれて三河国の大参事に抜擢され、その名声は高かったと伝えられています。


川島通り入口交差点に戻り 左折してすぐ左折 


中野区立コスモ君広場  


川島商店街 


向台子育地蔵尊   

向台子育地蔵尊(中野区弥生町): ぼのぼのぶろぐ
この子育地蔵は、寛政8年(1796)に旧本郷村の念仏講の人々が、子供と旅人の安全を祈願して造立し、台座には「三界万霊本郷村念仏講中 右ぞうしき道 左はたがや道」とある。 地蔵信仰は中世から庶民の間に広がり、江戸時代にピークを迎えた。向台子育地蔵尊は現在まで地元のコミュニティの要になっている。

左折 


左折 


清春湯  直進しました


紙のコースマップではここを右折していますが、webマップでは直進となっています


右折して 柳通りへ  


弥生町二丁目交差点 左折 


11:45  中野新橋駅  ゴールしました


Google マイマップで作成 Geographica のトラックデータ


カシミール3Dのグラフ  7.2km→8.0km


中野区07 青梅街道~中野新橋コース(上級) のコースタイム

経由地 距離km 見学km 累計km 総h 所要h 見学h 着t 発t
東中野駅西口   0.0km  0:00    8:53
中野氷川神社   0.5km   0.1km   0.6km  0:14  0:09  0:05    9:02    9:07
<東部区民地域活動センター>    0.3km   0.0km   0.9km  0:21  0:05  0:02    9:12    9:14
宝仙寺   0.7km   0.2km   1.8km  0:44  0:14  0:09    9:28    9:37
多田神社   3.0km   0.1km   4.9km  1:46  0:58  0:04  10:35  10:39
正蔵院   1.8km   0.0km   6.7km  2:28  0:40  0:02  11:19  11:21 
中野新橋駅   1.3km   8.0km  2:52  0:24  11:45 
コース06へ
2024/04/11(木)晴   7.6km   0.4km   8.0km  2:52   2:30  0:22


中野区07 青梅街道~中野新橋コース(上級) の感想
宝仙寺は一年前の2023年4月27日に「新宿区13 東京まちさんぽ2017.1.28コース」で訪れて以来です。それ以外は初めてのところでした。
南台いちょう公園は草地広場ゾーンと運動広場ゾーンに分かれた立派な公園で、南側入口近くと草地広場ゾーン前に公園案内図があります。そこには出入口マークが何ヶ所か描かれています。北側の運動広場ゾーンのマークめがけて進んだところ、なんと「危険!ここからの出入り禁止」の張り紙があり、ロープで塞がれていました。そういうことなら案内図にその旨記載するべきだと強く感じました。その間の距離は220m、所要時間約6分です。
これまで2週連続土曜日だったためもらえなかった「中野区ウォーキングマップ」を東部区民地域活動センターでようやく入手しました。2023年7月発行となっていますが、東京都保健医療局サイトの2018年3月に発行されたものと全く変っていないようです。区役所のホームページリンク先には2019年7月発行のマップがありますが、これも同様です。本来なら「2018年3月初版発行20XX年X月増刷」とするべきだと思いました。


以上です。
               中野区06  ⇦  中野区07  ⇨  中野区08
朝日が丘公園~南部スポーツ        東中野~上高田

中野区10 妙正寺川コース(上級) TOKYO Walking Map 2021.4.6

2024.4.6(土)曇 6.2km→6.3km
ルート: 鷺ノ宮駅南口→オリーブ橋→白鷺せせらぎ公園→大和公園→<平和の森公園>→新道橋→哲学堂公園


コース05のゴール新井薬師前駅から西武新宿線に乗り、4つ目の鷺ノ宮駅で降りました。


トウキョウ ウォーキング マップ 東京都保健医療局のサイト

中野区10 妙正寺川コース(上級)
最寄駅:鷺ノ宮駅(西武鉄道)鷺ノ宮駅(関東バス) 所要時間:1時間33分 距離:6.2km 消費カロリー:279kcal 歩数:8860歩


12:20  鷺ノ宮駅南口  スタートしました  階段を下りるとすぐ妙正寺川です


妙正寺川 は大規模な工事中でした

妙正寺川に沿って進みます


双鷺橋  

中野区立若宮オリーブ公園 


12:27  オリーブ橋  

妙正寺川にかかる鮮やかな緑色の橋で、小説「二十四の瞳」の作者、壺井栄が近くに住んでいたことから、小説の舞台である小豆島の名産品オリーブにちなんで名づけられました(平成30年(2018年)7月まで工事予定)。近くにはオリーブのほか、桜など様々な樹木が植えられた若宮オリーブ公園があります。


丸山橋  

コースマップでは丸山橋~下鷹橋は「川沿いの道が工事中のため迂回」となっていますが工事が完了しているため 直進 


下鷹橋 

白鷺せせらぎ公園へのコースルート線が引かれていませんが下鷹橋を渡りました


12:33  白鷺せせらぎ公園  多目的運動場

多目的運動場のほか、遊具や健康器具など設備が充実している公園です。


白鷺せせらぎ公園  


弥生橋 を渡ってコースに戻りました 

皐月橋  


鷺盛橋  


美鳩橋  


寿橋  


下谷橋 


川北橋  

太陽橋  左折 すぐ右折  


明和中学校  


右折  


宮下橋  コースルートではここを渡り大和公園へ寄ることになっていました

うっかりして渡らずに左折してしまいました


12:57  大和公園  右側のフェンスのところ

児童館に併設しており、遊具のほか、夏季のみ利用できるじゃぶじゃぶ池もあります。


Googleストリートビュー  大和公園  


でんでん橋  


宮下橋を渡らずにまっすぐ進んだところ
工事のため通行できなくなり、仕方なくでんでん橋へ戻りました


でんでん橋を渡ります

大がかりな工事は環状七号線地下広域調整池工事でした


環七通りへ  出て 左折 


ここでで環七通りを折り返します


妙正寺川 に戻りましたが、この先も別の工事中で通れません


迂回するためここを 左折 


ここでコース復帰  


左折

再び妙正寺川へ


三谷橋  


新橋 


千歳橋 


13:30  <平和の森公園  右側から入ります

平和の森公園 へいわのもりこうえん | 中野区
平和の森公園は、中野刑務所跡地に開設された公園です。昭和55年から地下式の下水処理場とともに防災公園として順次整備をすすめ、平成29年より再整備工事を行い、令和2年4月1日に再オープンしました。


平和の森公園 草地広場  

約11,600平方メートルの原っぱです。300mメートルトラック及び100メートル走路があります。

平和の森公園 水辺の広場 


平和の森公園 中野区立総合体育館 


平和の森公園 多目的運動広場   


平和の森公園 水遊び場  


平和の森公園 エントランス広場を左折

13:44  新道橋 を渡り 沼袋交番手前 左岸へ 

江戸時代、このあたりで捕れた赤蛙が食材として幕府に上納されていたことから、漢方薬の材料として用いられていたと伝えられています。そのことにちなんで、橋の欄干にカエルの絵が描かれています。


新井橋  


新栄橋 


関元橋 


薬師橋  


新沼橋 右折 

  
中野通りに出て 西武新宿線踏切を渡り また戻ります  

新沼橋 右折 


新開橋 


大下橋 


中野区立沼袋公園  


曙橋 


山下橋  


沼江橋  


大北橋 渡り右岸へ 

  
江古田橋 を渡り左岸へ  

新青梅街道に出ます  


江古田古戦場の碑 


江古田大橋(江古田川)を渡り 右折  


江古田公園 

天神橋  


下田橋 


哲学堂公園に入ります 

14:21  哲学堂公園 さくら広場  ゴールしました


ゴール後コースルートにない「哲学の庭」に寄ってみました


下田橋を渡り


哲学の庭 入口へ 

哲学の庭 | 哲学堂公園公式ホームページ
「哲学の庭」は宗教・哲学・法を代表する人がそれぞれ同心円上に配置されており、世界の異なった場所の人々が、より相手に近づくことが出来るようになるためには、プラス・マイナス(±1)の原点に返ることが必要という作者の考えが反映されています。また作品には民族や歴史、文化などは違っても西洋と東洋をつなぎ、人間社会の本質を考察し、人類の恒久平和の理想を追求した作者ワグナー・ナンドール(和久奈 南都留)の思いが込められています。この彫像群は平成21年(2009年)、日本とハンガリー外交関係 開設140年・国交回復50周年の記念事業の一環として中野区に寄贈されたものです。同様のものがハンガリーの首都ブダペストにも設置されています。
梅林区域の哲学の庭周辺での撮影は禁止です。なお、出版及び放送等を目的とする撮影の場合は事前連絡をし、許可を受けることが必要です。


次のような彫像が並んでいました
第一の輪  
老子・キリスト・釈迦・アブラハム・エクナトン
第二の輪 
達磨大師 ・聖フランシス ・ガンジー・ユスチニアヌス・ハムラビ
第三の輪 
聖徳太子・ユスチニアヌス・ハムラビ


Google マイマップで作成 SUUNTO のトラックデータ


カシミール3Dのグラフ  6.2km→6.3km


中野区10 妙正寺川コース(上級) のコースタイム

経由地 距離km 見学km 累計km 総h 所要h 見学h 着t 発t
鷺ノ宮駅南口   0.0km  0:00  12:20
オリーブ橋   0.3km   0.0km   0.3km  0:07  0:07  0:00  12:27  12:27
白鷺せせらぎ公園   0.3km   0.1km   0.7km  0:16  0:06  0:03  12:33  12:36
大和公園   1.4km   0.0km   2.1km  0:37  0:21  0:00  12:57  12:57
<平和の森公園>   1.7km   0.5km   4.3km  1:21  0:33  0:11  13:30  13:41
新道橋   0.1km   0.0km   4.4km  1:24  0:03  0:00  13:44  13:44 
哲学堂公園   1.9km   6.3km  2:01  0:37  14:21 
2024/04/06(土)曇    5.7km   0.6km   6.3km  2:01   1:47  0:14


中野区10 妙正寺川コース(上級) の感想
ひたすら妙正寺川沿いを歩くコースです。鷺ノ宮駅を出るとすぐ妙正寺川ですが、工事の柵と鉄骨で全く水面を見ることができません。その後も大がかりな工事が数ヶ所あり、迂回をしなければなりませんでした。
2018年3月発行のコースマップにも「工事中のため迂回」というところが2ヶ所あります。丸山橋~下鷹橋までは工事が完了していましたが、環七通りのところはまだ継続中です。
東京地方は4月4日桜満開の報道がありましたが、あちらこちらで丁度見ごろの満開の桜を楽しむことができました。


以上です。
                  中野区09  ⇦  中野区10  ⇨  中野区11
平和の森公園~江古田の森公園      鷺ノ宮駅~野方駅

中野区08 東中野~上高田コース(中級) TOKYO Walking Map 2021.4.6

2024.4.6(土)曇 3.1km→3.6km
ルート: 東中野駅西口→上高田台公園→「たきび」の歌発祥の地→桜ケ池不動尊→東光寺→新井薬師前駅北口


コース05のゴールした東中野駅西口は坂の途中にありましたが、このコースのスタートは坂の上なので移動しました。


トウキョウ ウォーキング マップ 東京都保健医療局のサイト

中野区08 東中野~上高田コース(中級)
最寄駅:東中野駅(JR)東中野駅(都営地下鉄)東中野駅西口(関東バス)東中野駅西口(西武バス) 所要時間:47分 距離:3.1km 消費カロリー:141kcal 歩数:4430歩


8:39  東中野駅西口  スタートしました


東中野駅前交差点 直進 西口を出た正面  

東中野ギンザ通りへ  


上高田中通り   


ゆるい下り坂が続いた後上りになります  


上高田一丁目交差点 直進 


宝泉寺手前 右折  見落としたため少し行き過ぎてから戻り左折しました


境妙寺 手前左へ 


突当り 左折 

急坂を下り、途中に見える左の道を上ります


10:59  上高田台公園  

ターザンロープのついた大きな木製遊具のある広場があります。


上高田東高齢者会館先 右折 


突当り左折して 桜が池通りへ  「たきび」の歌発祥の地へ寄ってからここに戻ってきます

突当り右折 上高田中通りへ  

舟形光背の馬頭観音  布で覆われているため光背の形が確認できませんでした

上高田の馬頭観音①(中野区上高田): ぼのぼのぶろぐ
舟型座像の馬頭観世音像である。造立年は文政7年(1824)10月と台石にある。傷んでいるようで面相は分からない。堂宇は戦後建てたものだという。


斜めに左折   


左折 


11:11  「たきび」の歌発祥の地  

西武鉄道新宿線新井薬師前駅の南、上高田3丁目にひときわ目立つ竹の垣根が続くお屋敷があります。ここが「たきび」の歌の発祥地で、「かきねの かきねの まがりかど」という歌詞そのままの世界が残っています。作詞した巽聖歌(たつみせいか)がこの付近に住み、近隣を散歩しながら作詞したと考えられています。

『たきび』のうた発祥の地 - 発祥の地コレクション
西武新宿線 新井薬師前駅の 南東。住宅街の真ん中で 目標物がなく 判りにくい場所。閑静な住宅地で, 特に 発祥の地の標識の建っている この屋敷は, 竹垣に囲まれ 大きな庭木が何本も残る 立派な家。武蔵野の面影を残す雰囲気がある。


元の道に戻ります 右折

右折 上高田中通りへ  


信号 左折 桜が池通りへ 


上高田4丁目団地の桜 


桜ケ池不動尊の入口が左に見えたのでここを左折して裏口から入りました


11:24  桜ケ池不動尊  

東光寺別院 古くから湧出する清水と不動様で、村人たちに大切に守られてきました。

櫻ヶ池不動院。中野区上高田にある真言宗豊山派寺院
中野区上高田にある日照山東光寺の別院です。櫻ヶ池不動院の創建年代等は不詳ですが、江戸時代享保年間頃には、榛名、大山、武州御嶽、三峯の講中の代参者が当地で禊ぎ清めたといいます。桜ヶ池不動尊の永代護持を付託して昭和62年に日照山東光寺に寄進、別院となったといいます。

正面入口は桜が池通りに面していました


区立第五中学校  


西武新宿線 踏切 


上高田運動施設 野球場  


左折  


突当り 右折 


11:33  東光寺  

東光寺 本堂と灯籠

上高田の農民の菩提寺として、江戸初期に創建されたと伝えられる寺院です。


東光寺 遍照金剛  


東光寺 稲荷神社  


東光寺 御神木  


東光寺 如意寳蔵大龍神  

東光寺を出ました


突当り 右折 


新井薬師前は大規模な工事中です


突当り 左折 


11:50  新井薬師前駅北口  ゴールしました


新井薬師前駅から西武新宿線に乗り、4つ目の鷺ノ宮駅で降りてコース10へ向います。


Google マイマップで作成 SUUNT のトラックデータ


カシミール3Dのグラフ  3.1km→3.6km


中野区08 東中野~上高田コース(中級) のコースタイム

経由地 距離km 見学km 累計km 総h 所要h 見学h 着t 発t
東中野駅西口   0.0km  0:00  10:37
上高田台公園   1.2km   0.1km   1.3km  0:25  0:22  0:03  10:59  11:02
「たきび」の歌発祥の地    0.5km   0.0km   1.8km  0:35  0:09  0:01  11:11  11:12
桜ケ池不動尊   0.7km   0.1km   2.6km  0:50  0:12  0:03  11:24  11:27
東光寺   0.3km   0.1km   3.0km  1:03  0:06  0:07  11:33  11:40 
新井薬師前駅   0.6km   3.6km  1:13  0:10  11:50 
コース10へ
2024/04/06(土)曇   3.3km   0.3km   3.6km  1:13   0:59  0:14


中野区08 東中野~上高田コース(中級) の感想
このコースも初めての所ばかりです。出だしの東中野ギンザ通りは車一方通行の狭い道ですが、多くの人が行きかっていました。
上高田一丁目交差点を過ぎた上り坂を右に曲ると、左右に寺院が並んでいてさながら寺町といった雰囲気です。
「たきび」の歌発祥の地は住宅街の中で目印になるものがなく、コースマップがなければたどり着けないようなところにありました。作詞されたのは昭和の初め1930年代ということですから、当時は恐らく畑や田んぼが多かったのではないかと思われます。
桜ケ池不動尊はそれほど広くはないのですが、池のある庭園が風情を感じさせました。


以上です。
         中野区07  ⇦  中野区08  ⇨  中野区09
青梅街道~中野新橋    平和の森公園~江古田の森公園