mesetaのブログ

ウォーキングとフラメンコ

関東ふれあいの道 茨城県全コース踏破/一覧と感想

関東ふれあいの道 茨城県全コース一覧


昨年(2017年)12月までに群馬県23コースをクリアし、残り12コースとなったところで雪が降り始めました。高地で危険なため群馬県を諦めて、今年初めから比較的低地の茨城県に行きました。
茨城県18コース約270kmを月4コース踏破する目標をたてて、ほぼ予定通り2018年1月から5月までの約5ヶ月で回ることができました。しかし、茨城県はあとで触れるように、かなり手こずりました。
1コース当りの平均距離は15.0km、スタートからゴールまでの平均時間は4時間46分でした。この距離と時間はコースマップの起点・終点ではなく、スタート地点から起点まで、および終点からゴール地点までの分も含まれています。逆に重複部分はできるだけ避けるようにして、ショートカットしたところもあります。
一番標高の高いところはコース10の男体山頂で871m、低いところはコース18の和田公園で1.1mとなっています。


茨城県コース


茨城県のコースは、御前山から笠間県立自然公園、水郷筑波国定公園や筑波研究学園都市を経て、霞ヶ浦へ至る延長約255km、18コースが設定されています。


茨城県コース一覧

seq みち 表示km 歩行km 表示h 総h 日付 備考 難度
茨城01 青少年旅行村のあるみち     13.0     16.6    4:00    5:15  2018.04.11水   曇時々晴     2
茨城02 杉並木の美しいみち     12.3     12.3    3:20    4:22  2018.04.12木  晴    2
茨城03 伝説の山と僧兵ゆかりのみち       6.7       8.4    2:00    2:31  2018.04.12木  晴    2
茨城04 焼物とお稲荷さんへのみち     12.6     16.7    3:00    5:48  2018.04.12木  晴    2
茨城05 自然林をあるくみち       9.8       9.8    3:00    4:20  2018.01.10水  晴    3
茨城06 観音様を訪ねるみち       7.6       9.2    2:00    3:37  2018.01.10水  晴    2
茨城07 御嶽山から坂東24番札所へのみち          8.2       9.5    3:30    3:09  2018.05.17木  曇時々晴    2
茨城08 筑波連山縦走のみち(1)     17.3     24.5    6:00    9:44  2018.01.11木  晴    3
茨城09 筑波連山縦走のみち(2)     21.0     22.5    6:00    8:55  2018.05.18金  晴    3
茨城10 筑波山頂めぐりのみち       8.8       9.1    2:30    2:43  2018.05.18金  晴    2
茨城11 筑波山めぐりから旧参道へのみち     10.0     11.1    3:00    3:55  2018.03.28水  晴    2
茨城12 果樹園のみち       8.8     12.4    3:00    3:25  2018.03.28水  晴    1
茨城13 果樹の里のみち       7.3       6.8    2:00    2:16  2018.02.16金  曇時々晴    1
茨城14 寺社めぐりと田園風景のみち     17.2     19.2    4:30    5:04  2018.02.16金  曇時々晴    2
茨城15 学園都市のみち     13.4     18.2    3:00    5:15  2018.03.16金  曇時々雨    2
茨城16 予科練ゆかりのみち     12.3     12.3    3:00    3:13  2018.03.16金  強風雨    2
茨城17 水の恵みを知るみち     21.0     23.4    5:00    5:59  2018.03.15木  晴時々曇    2
茨城18 水の恵みと水田地帯のみち     26.5     28.1    5:30    6:33  2018.03.29木  晴    2
茨城計 18コース   233.8   270.1  64:20   86:04 

コース名をクリックするとそのブログを見ることができます。


関東ふれあいの道 茨城県の感想

茨城県は今まで回った1都5県の中で一番ひどいというのが率直な感想です。悩まされた原因をいくつか挙げてみます。
1.コースマップに道路が書かれていない
茨城県コースマップの最大の欠陥は、林道を含めた道路が消されていることです。赤い線が林道なのか、散策路を含めて登山道なのか区別がつきません。特に林道を横切っている場合、地図上でどの位置なのかを知ることができないのです。茨城県のコースマップ全てに共通しています。他県では一旦登山道をはずれても、林道や県道との位置関係で何度か復帰できました。これがコースミスをする大きな要因になっています。
2.分岐点に指導標識がない
特に市街地は殆ど見かけません。山道では一本道のどうでも良い所に多くみかけますが、肝心な分岐点にはない所が多くあります。しばらく行き過ぎて戻ったことが何回もあります。コース変更した所にも標識がなく、まともに歩くことができませんでした。
3.当初設定からコース変更したのに案内がない
現地では通行止めの看板があり、コースマップもルートが変更されているにもかかわらずホームページにその案内がありません。距離表示も元のままで、変更後の距離はもっと長いと思われます。起点・終点が変更されているのに、現地の指導標識がそのままになっていました。
4.工事中通行止めの案内がホームページにない
期間限定の工事でも他県では迂回路を載せています。土砂降りの中、突然通行止めに出くわしました。ホームページどころか、現地にも迂回路の掲示がありませんでした。
5.指導標識の距離がいい加減
同じコースで左右に書かれた合計距離の異なるのが何ヶ所もありました。それでなくても標識が少ないのに、どれが本当なのか分らずバス時間に間に合うか不安になりました。


茨城県を歩き終えて、もう行かなくて済むと思うと本当にほっとします。
これで踏破済みは107コース、1,257kmとなりました。


茨城県のホームページ

「関東ふれあいのみち」(首都圏自然歩道)は、関東地方の一都六県をぐるりと一周する長距離自然歩道で、総延長は1,799キロメートルです。東京八王子の梅の木平を起終点に、高尾山、奥多摩、秩父、妙義山、太平山、筑波山、九十九里浜、房総、三浦半島、丹沢などを結び、美しい自然を楽しむばかりではなく、歴史や文化遺産にふれあうことのできる道です。多くの人々が楽しめるよう、10キロメートル前後に区切った日帰りコースを160コース設定しております。
茨城県のコースは、御前山から笠間、筑波山、研究学園都市を経て霞ヶ浦に至る延長255キロメートル、全18のコースにより形成されています。


以上です。